ソニー、Core Duo搭載ノート「type S [SZシリーズ]」とTVチューナー搭載ノート「type F TV」 | RBB TODAY

ソニー、Core Duo搭載ノート「type S [SZシリーズ]」とTVチューナー搭載ノート「type F TV」

IT・デジタル ノートPC

type F TV(VGN-FT50B)
  • type F TV(VGN-FT50B)
  • type S[SZシリーズ](VGN-SZ70B/B)
 ソニーは、VAIOノートの新ラインアップとして、テレビチューナーを内蔵した大画面ノート「type F TV」と、デュアルコアプロセッサーと2種類のグラフィックアクセラレーターを搭載したノート「type S [SZシリーズ]」の2タイプを2月中旬に発売する。また、それぞれのタイプには、直販専用でカスタマイズが可能な「オーナーメードモデル」が用意されており、1月24日から順次発売する。

 標準仕様である店頭販売モデルのラインアップは、type F TVが「VGN-FT50B」(2月18日発売)、type S[SZシリーズ]が「VGN-SZ70B/B」(2月11日発売)の2機種。価格はオープンで、直販価格はVGN-FT50Bが219,800円、VGN-SZ70B/Bが229,800円。

 type F TVは、スリムでスタイリッシュなボディにテレビチューナーを内蔵させた、15.4型WXGAクリアブラック液晶ディスプレイ搭載の大画面ノートPC。色の純度にこだわって新開発された「クリアブラック液晶[ピュアカラー]」に加え、中低音をバランスよく再生するバスレフ型のボックススピーカー「リッチサウンドスピーカー」など、テレビやDVDを高画質・高音質で楽しめる機能を搭載しているのが特徴となっている。

 VGN-FT50Bの本体サイズは、幅368.4×奥行き272.8×高さ30〜37.5mm、重さは約2.9kg。バッテリー駆動時間は付属バッテリーで約3.5時間。

 type S[SZシリーズ]は、先進プラットフォームであるデュアルコアプロセッサーを搭載したスリムノートPC。用途に応じてチップセット内蔵グラフィックと「GeForce Go 7400」の切り換えが可能な「ハイブリッドグラフィックシステム」や、衝撃からHDDを守る「VAIOハードディスクプロテクション」など、先進のテクノロジーを採用しつつ、モバイル性能をさらに向上させているのが特徴だ。

 また、VAIOオーナーメードモデルでは、LEDバックライトによる薄型液晶パネルとカーボン素材を採用した「プレミアムバージョン(VGN-SZ90シリーズ)」が用意されている。

 VGN-SZ70B/Bの本体サイズは、幅315×奥行き234.3×高さ25.7〜37.1mm、重さは約1.85kg。バッテリー駆動時間は付属バッテリーで約6時間(STAMINAモード時)。

 店頭販売モデルの主なスペックは以下のとおり。

●「type F TV」VGN-FT50B

・CPU:Core Duo T2300(1.66GHz)
・メモリー:512Mバイト(DDR2 SDRAM)
・グラフィック:GMA 950(チップセットに内蔵)
・表示部:15.4型WXGA(1,280×800ドット)クリアブラック液晶(ピュアカラー)ディスプレイ
・HDD:160Gバイト(シリアルATA/150、4200回転/分)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層記録対応)
・ネットワーク:Ethernet、無線LAN(IEEE802.11a/b/g準拠)、Bluetooth2.0
・OS:Windows XP Home Edition

●「type S[SZシリーズ]」VGN-SZ70B/B

・CPU:Core Duo T2300(1.66GHz)
・メモリ:512Mバイト(DDR2 SDRAM)
・グラフィック:ハイブリッドグラフィックシステム(切り替え可能)
 −GeForce Go 7400 with NVIDIA TurboCache
 −GMA 950(チップセットに内蔵)
・表示部:13.3型WXGA(1,280×800ドット)クリアブラック液晶ディスプレイ
・HDD:80Gバイト(シリアルATA/150、5400回転/分)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層記録対応)
・ネットワーク:Ethernet、無線LAN(IEEE802.11a/b/g準拠)、Bluetooth2.0
・OS:Windows XP Home Edition
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top