世界のPC出荷台数は前年比15%増 シェア1位はデル | RBB TODAY

世界のPC出荷台数は前年比15%増 シェア1位はデル

 米ガートナーは18日(現地時間)、世界のPC出荷統計の速報として、2005年のPC出荷台数は前年比15.3%増だったという暫定調査結果を発表した。

IT・デジタル ノートPC
 米ガートナーは18日(現地時間)、世界のPC出荷統計の速報として、2005年のPC出荷台数は前年比15.3%増だったという暫定調査結果を発表した。これによると、欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域市場における出荷台数が7,260万台、米国市場は6,720万台となり、EMEAが米国をしのぎ、初めて世界の最大地域市場になったとしている。

 また、対前年成長率では、アジア/パシフィック地域市場とラテンアメリカ市場が、出荷台数トップとなったEMEA地域市場の17.1%を超える26%と高い伸びを見せている。なお、日本の出荷台数と成長率は1,466万台で7.5%の伸びとなっている。

 メーカー別のシェア争いでは、2005年の世界PC市場出荷台数が15.3%の成長を見せた中、デルが18.6%と引き続き市場平均以上の伸びを実現している。デルの2005年出荷台数は約3,676.4万台で、その後ろに3,179.2万台のヒューレット・パッカード、1,505.4万台のレノボ、1,015.4万台のエイサー、832.6万台の富士通/富士通シーメンスと続いている。なお、エイサーは対前年成長率で58.1%と大きな伸びを見せている。
《村上幸治》

特集

page top