ソニー、高感度CMOSセンサー搭載DVDカムや初のHDD搭載ハンディカムなど3機種 | RBB TODAY

ソニー、高感度CMOSセンサー搭載DVDカムや初のHDD搭載ハンディカムなど3機種

 ソニーは、暗いところでも色鮮やかな映像記録を実現する新開発「クリアビッドCMOSセンサー」を搭載したDVD方式ハンディカムなど2機種、およびハンディカムでは初となるHDD方式1機種の計3機種を3月3日に発売する。

IT・デジタル レコーダー
 ソニーは、デジタルビデオカメラレコーダー「ハンディカム」シリーズの新製品として、暗いところでも色鮮やかな映像記録を実現する新開発「クリアビッドCMOSセンサー」を搭載したDVD方式ハンディカムなど2機種、およびハンディカムでは初となるHDD方式1機種の計3機種を3月3日に発売する。

 ラインアップは、DVD方式ハンディカムが「DCR-DVD505」と「DCR-DVD405」、HDD方式ハンディカムが「DCR-SR100」の3機種。価格はすべてオープンで、予想価格はDCR-DVD505が135,000円前後、DCR-DVD405が115,000円前後、DCR-SR100が135,000円前後。

●DVD方式ハンディカム

 DVD方式ハンディカムのDCR-DVD505は、新開発の210万画素クリアビッドCMOSセンサーを搭載し、400万画素相当の静止画記録と、動画撮影中でも最大300万画素相当の静止画記録を同時に実現したモデル。また、高感度で暗いところでも色鮮やかに撮影できるのが特徴となっており、最低被写体照度は6ルクスとなっている。

 モニターには、明るい屋外でも映像画面をはっきり見ることができる、3.5型ワイド液晶ディスプレイ「クリアフォト液晶プラス」を採用。独自開発の高輝度、広色域技術により、従来のハイブリッド液晶と比べ、色再現範囲とコントラストが約1.6倍、液晶ドット数が21.1万ドットに向上しているという。

 本体サイズは幅66×高さ90×奥行き147mm、撮影時重量は付属バッテリーで約630g。

 一方のDCR-DVD405は、331万画素1/3型原色フィルターCCDを搭載した従来製品のアップグレードモデル。メガピクセルエンジンと、カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズを採用し、2.7型ワイド液晶ディスプレイで確認しながら、動画も静止画も高精細な映像で記録できるのが特徴となっている。

 本体サイズは幅66×高さ90×奥行き143mm、撮影時重量は付属バッテリーで約590g。

 また、両モデルともに5.1chサラウンドの音声機能が向上しており、本体内蔵のマイクで5.1chサラウンドの音声をDVDに直接記録できるようになったほか、オプションのワイヤレスマイクを用いることで、離れた被写体の音声をそのままセンターチャンネルの音として記録することもできるようになっている。

●HDD方式ハンディカム

 DCR-SR100は、ハンディカムとしては初となるHDDを記録媒体として搭載したモデル。30GバイトのHDDを内蔵しており、高画質のHQモード(9Mbps)で約7時間20分、SPモード(6Mbps)では約10時間50分、LPモード(3Mbps)では約20時間50分の録画が可能となっている。また、付属ソフトウェアをインストールしたPCにUSBで接続することで、ビデオカメラ本体のボタンを押すだけで簡単に撮影した映像をDVDにダビングできる「ワンタッチDVD機能」も搭載されている。

 スペック面はDCR-DVD405とほぼ同等となっており、331万画素1/3型原色フィルターCCDを搭載するほか、メガピクセルエンジンとカールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズを採用。モニターも2.7型ワイド液晶ディスプレイとなっている。また、音声記録面も同様にドルビーデジタル5.1クリエーターを搭載し、本体内蔵マイクでドルビーデジタル5.1chのサラウンド音声記録が可能となっている。

 本体サイズは幅82×高さ69×奥行き149mm、撮影時重量は付属バッテリーで約615g。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top