ソフォス、2005年12月のウィルスランキングを発表 -Sober-Zワームの蔓延を警告 | RBB TODAY

ソフォス、2005年12月のウィルスランキングを発表 -Sober-Zワームの蔓延を警告

エンタープライズ その他

 ソフォスは6日、2005年12月のコンピュータウイルスの報告数をまとめた「トップ10ウイルス」を発表した。

 12月の傾向として、ソフォスに報告されたマルウェアの内78.92%を「Sober-Z」が占め、ほかの脅威を圧倒し猛威を振るったことを示している。なお、Soberウイルス感染は、現時点でも沈静化傾向がまったく見られていないという。

 これについて同社では、「このワームは、コンピュータユーザーがウイルス/スパム対策ソフトのアップデートを的確に行い、用心深く使用していれば阻止できます」とコメントしている。

 同社の調査によると、12月はウイルスメールの数が爆発的に増加し、同月に使用されたメールのうち、メール16通に1通にあたる6.1%以上がウイルスメールであるという結果になったとしている。

 2005年12月におけるトップ10ウイルスは以下のとおり。

[1位] W32/Sober-Z:78.9%
[2位] W32/Zafi-B:3.3%
[3位] W32/Netsky-P:2.3%
[4位] W32/Mytob-EX:1.4%
[5位] W32/Mytob-FO:1.2%(新規)
[6位] W32/Mytob-BE:0.7%
[7位] W32/Zafi-D:0.6%
[8位] W32/Mytob-GH:0.6%
[9位] W32/Mytob-C:0.5%
[10位]W32/Mytob-FM:0.5%(新規)
[その他] 9.5%
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top