YOZANの無線LAN接続サービス「BitStand」を使ってみた | RBB TODAY

YOZANの無線LAN接続サービス「BitStand」を使ってみた

 YOZANは、バックボーンにWiMAXを採用した無線LAN接続サービス「BitStand」を12月25日から提供している。早速、エリアである池袋のワールドインポートマート付近に出向き、接続をしてみた。

ブロードバンド その他
ノートPCに挿した「BitKey」
  • ノートPCに挿した「BitKey」
  • IDとパスワードを入力する画面
  •  YOZANは、バックボーンにWiMAXを採用した無線LAN接続サービス「BitStand」を12月25日から提供している。早速、エリアである池袋のワールドインポートマート付近に出向き、接続をしてみた。
 YOZANは、バックボーンにWiMAXを採用した無線LAN接続サービス「BitStand」を12月25日から提供している。早速、エリアである池袋のワールドインポートマート付近に出向き、接続をしてみた。

 BitStandを契約すると、IDやパスワードなどのユーザ情報が記載された書類や説明書のほか、「BitKey」と呼ばれるUSBメモリーも送られてくる。これを用いると、簡単に接続できるという訳だ。

 実際に、Windows XP SP2がインストールされたノートPCに差すと、USBメモリーとして認識された。この中にあるソフトを起動するとIDとパスワードの入力が促され、接続できるようになる。このBitKeyだが、PCから抜くと接続が切断される。また、IDとパスワードはBitKeyに保存されるため、次回からはノートPCにBitKeyを差すだけで接続できるようになる。

 なお、送られてくる書類には、SSIDやWEPキーが記載されているため、手動で設定をしても接続できると思われる。しかしBitKeyを用意し、WEPキーの入力の手間などを省いたのは評価できる。

 通信速度はというと、speed.rbbtoday.comで測定したところ、おおよそ下りが8Mbps上りが6Mbpsとの結果になった。IEEE 802.11gで接続されているため規格上は最大54Mbpsだが、同社では上下9Mbpsとしているため、ほぼアナウンスどおりだ。

 また、大量のメール受信、GyaOなどのストリーミングコンテンツの再生、Skypeの通話も難なく行えた。通信速度が速いだけではなく、安定したトラフィックも期待できるようだ。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top