プラネックス、livedoor Wirelessの推奨機器として認定された製品リスト第1弾を発表 | RBB TODAY

プラネックス、livedoor Wirelessの推奨機器として認定された製品リスト第1弾を発表

ブロードバンド その他

 プラネックスコミュニケーションズ(以下、プラネックス)は、ライブドアが1日からより正式サービスを開始した公衆無線LANサービス「livedoor Wireless」において、「livedoor Wireless Ready プログラム」によって接続を確認され、推奨デバイスとして認定された無線LAN機器のリスト第1弾を発表した。
 2005年12月1日現在でlivedoor Wireless Ready プログラムによりlivedoor Wirelessとの接続が確認され、ライブドアから「livedoor Wireless READY ロゴ」の使用が許されたプラネックスの無線LAN製品は6製品(後掲)。それぞれの製品パッケージには「livedoor Wireless READY ロゴ」が貼付される。 
 さらに、今後プラネックスの発売する無線LAN機器は、順次「livedoor Wireless Ready プログラム」を通じて「livedoor Wireless」との接続確認を行い、推奨無線LAN機器としての認定を受けていく予定だとしている。
 今回、livedoor Wireless READY ロゴの使用が許されたプラネックスの無線LAN製品は以下のとおり。

・CQW-NS108G:108Mbps 無線LANカード
・GW-NS54AG:IEEE802.11b+g無線LANカード
・GW-DS54GL:IEEE802.11b+g対応無線LAN PCIバスアダプタ
・GW-NS54GMZ:IEEE802.11b+g対応無線LANカード
・GW-US54Mini:IEEE802.11b+g対応無線LAN USBアダプタ
・GW-CF11X:11Mbps 無線LANコンパクトフラッシュアダプタ
《小笠原陽介》

関連ニュース

特集

page top