@nifty、ココログのデータ保存容量を大幅に拡張 ベーシックでも40倍の2Gバイトに | RBB TODAY

@nifty、ココログのデータ保存容量を大幅に拡張 ベーシックでも40倍の2Gバイトに

ブロードバンド その他
 ニフティは、@nifty会員向けのブログサービス「ココログ」の各コースにおいて、データ保存容量を11月1日から大幅に拡大する。また、データ保存容量の拡大と同時に、ココログ利用時における最大アップロードサイズの制限値が新たに設定されている。なお、これに伴う利用料金の変更はない。

 ニフティでは、これにより高画質の画像データや動画データをココログで利用する際でも、これまでと比べて残りのデータ保存容量に関する心配が軽減され、快適にブログサービスを利用できるようになるとしている。

 ココログ各コースのデータ保存容量、およびアップロード制限サイズは以下のとおり。

●データ保存容量
・ココログベーシック:2Gバイト(従来:50Mバイト)
・ココログプラス  :5Gバイト(従来:100Mバイト)
・ココログプロ   :10Gバイト(従来:300Mバイト)

●アップロード制限
・ココログベーシック
 1ファイルあたりの最大アップロードサイズ:10Mバイト
 1日あたりの最大アップロードサイズ:20Mバイト
・ココログプラス、ココログプロ
 1ファイルあたりの最大アップロードサイズ:10Mバイト
 1日あたりの最大アップロードサイズ:100Mバイト
《村上幸治》

特集

page top