動画配信サービスが目指す爆発的なARPU拡大戦略とは— AII 山田勲氏 インタビュー(ダイジェスト版) | RBB TODAY

動画配信サービスが目指す爆発的なARPU拡大戦略とは— AII 山田勲氏 インタビュー(ダイジェスト版)

ブロードバンド その他

 AIIは、ドラマから映画、アニメ、ニュースまでさまざまなコンテンツを提供し、28万を超えるユーザを持つソニーグループの動画配信サービスである。既存の放送やパッケージメディアにはない、オンデマンドの特長を生かしたARPU拡大の戦略について、10月27日に開催されるセミナー「ブロードバンド普及期のARPU 拡大戦略」の講演に先立って、講師のエー・アイ・アイ株式会社 取締役COO・山田勲氏にお話をうかがった。

■韓国ドラマによるARPU底上げ

 「昨年は当社のARPUが飛躍的に増大した年でした。登録ID数は2003年から2004年で約2.5倍に増え、月間コンテンツ販売数では2003年10月から2004年10月では約10倍を記録しました。キードライバーとなったのは韓流ブームですが、単純に流行ったからというだけでなく、韓国ドラマにはARPUを底上げするのに非常によい条件が揃っていたと言えます。
 まず韓国ドラマは、お客様がひとつのドラマシリーズを見始めると、結果的に20話、30話と、まとまった数の話数を購入していただけます。また、作品だけでなく出演している俳優にも熱心なファンがつくと、その俳優が出演している他の作品の配信を開始すると、それも買っていただける、というポジティブスパイラルが生まれ、ARPU拡大に大きく貢献しました。」

■ヒットを仕掛ける

 「エンタテインメントビジネスは、爆発的な「ヒット作品」を生み出してこそ企業の成長があると思っています。コンテンツラインナップを着実に整備し、会員数を積み上げてビジネスを伸ばしていくことも大切ですが、一方で大きなプロジェクトを仕掛けてエクスプロージョンを起こすことも計画しています。
 そうしたプロジェクトの1つとして、当社は10月8日より1年間MBS/TBS系全国ネットで放送される話題のテレビアニメシリーズ「BLOOD+」の独占インターネット配信を開始しました。AIIのIDを登録するだけで放送当日の24時から1週間無料で視聴できるほか、月額会員制VODサービス「Screenplus」では、同作品の高画質ヴァージョンや独占インタビュー映像の配信、無料配信終了後のライブラリー購入といった、より付加価値の高いサービスを提供しています。」

 「毎週観ている友人から評判を聞いたものの、途中から観始めるのには抵抗があるな」という人でも、VODで過去の放送分を観ることができれば、翌週からテレビ放映を視聴する可能性もあるでしょう。また、ネットの掲示板やブログで作品の評判を読んだ人が、次回の放送を待たずにVODによって即時視聴ができれば、その場で新しいファンを獲得することもできるわけです。
 このBLOOD+のプロジェクトのような、コンテンツがトリガーとなるARPU拡大の戦略に加え、ブランド強化によるARPU拡大にも注力しています。その重点施策の1つが、月額210円で利用できる月額会員制VODサービス「Screenplus」です。プレミアム感をもった「VODのブランド」として成長することを目指しています……

(記事全文はRBB TODAY「企業訪問」コーナーにて掲載)
《RBB TODAY》
page top