アイピーモバイル、2GHz帯を用いた移動通信サービスについて総務省に申請書を提出 | RBB TODAY

アイピーモバイル、2GHz帯を用いた移動通信サービスについて総務省に申請書を提出

ブロードバンド その他

 アイピーモバイルは、2GHz帯の電波を用いた携帯電話サービスについて総務省に特定基地局開設計画認定申請書を提出した。2006年度中に東名阪エリアで開始し、2010年度までに全国展開をめざす。

 この申請書によると、同社は「TD-CDMA」方式を採用し、最大で下り5.2Mbps/上り848kbpsでサービスを開始し、新技術の投入により下り22.1Mbps/上り2.64Mbpsにまで高速化させることも明らかにした。料金は定額制で、月額2,500円〜5,000円を予定しているという。

 また自動販売機や検針、遠隔監視制御、車載器など各種機器への組み込みも想定している。将来的には、PCはもとより、デジカメ、ビデオ、音楽プレイヤー、映像機器、ゲーム機などへの組み込みもめざす。

 ほか、第三者割当増資を実施することも合わせて発表した。アイアイジェイテクノロジー、CSKプリンシパルズ、翔泳社、楽天ストラテジックパートナーズなどが、合計8.75億円を引き受ける。これにより、アイピーモバイルの資本金は13.25億円になる予定だ。
《安達崇徳》
page top