ソーテックとヨドバシカメラ、コラボレーションノートPC「WinBook WV731-T1」を発売 | RBB TODAY

ソーテックとヨドバシカメラ、コラボレーションノートPC「WinBook WV731-T1」を発売

IT・デジタル ノートPC

 ソーテックは、ヨドバシカメラと共同でコラボレーションノートPC「WinBook WV731-T1」を10月1日に発売する。本製品は、全国ヨドバシカメラPC取り扱い店および同社Webショッピングサイト「yodobashi.com」(http://www.yodobashi.com/)のみで取り扱う特別限定モデル。価格は89,800円。

 WinBook WV731-T1は、ヨドバシカメラ マルチメディア Akibaの開店を記念して発売するファミリー向けのノートPC。このオリジナルモデルには、子どものインターネット利用を管理するフィルタリングソフト「フィルター4」や、マルチメディア百科事典「Encarta 総合大百科2005」(プレビュー版)などをプリインストールしている。

 主なスペックは、モバイルSenpron 2800+(1.6GHz)、SiS M760チップセット、15型液晶ディスプレイ。メモリは256Mバイト(PC2700 DDR SDRAM)、HDDは40Gバイト、光学ドライブはCD-R/RW&DVD-ROMコンボとなる。インターフェースは、USB2.0×3、IEEE1394、Sビデオ出力、ミニD-Sub15ピン、PCカードスロット、4種対応のメモリカードスロットなど。OSは、Windows XP Home Editionをプリインストールする。

 本体サイズは幅332.8×高さ23.5〜35.7×奥行き272mm、重さは3kg(バッテリー装着時)。電源はリチウムイオンバッテリーを採用し、バッテリー動作時間は2.2〜2.4時間としている。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top