ヤマハ、スピーカーの組み合わせが2chから5.1chまで選択可能なホームシアターシステム | RBB TODAY

ヤマハ、スピーカーの組み合わせが2chから5.1chまで選択可能なホームシアターシステム

IT・デジタル その他

 ヤマハは、簡単でスタイリッシュなホームシアターシステム「シネマステーション」シリーズの新ラインアップとして、ニーズの多様化に対応した「シネマステーション S35シリーズ」4製品と、システムの発展に対応するコンポーネントユニット3製品を11月上旬に発売する。

 ラインアップは、ハイコストパフォーマンスな2chシステム「AVX-S35B」、ハイグレード2chシステム「AVX-S35D」、フロント3.1chシステム「AVX-S35P」、5.1chフルシステム「AVX-S35F」の4製品(価格:すべてオープン)と、システム発展に対応するスピーカーシステム「NS-M025」(価格:15,750円)と「NS-P025」(価格:39,900円)の2製品、およびDVDプレーヤー「DVD-S30」(価格:オープン)となっている。

 シネマステーションS35シリーズは、使い方や置き方に合わせた幅広いニーズに応えられるように、2本のスピーカーから手軽に始められる上に、ユニットの追加で5.1chのフルサラウンドシステムに発展できるホームシアターシステム。フロントスピーカーのみのシステムでは、擬似的にサラウンドを楽しめる「ドルビーバーチャルスピーカー」機能が搭載されているのが特徴だ。コンパクトなアンプ部は4製品とも共通で、実用最大出力は35W×6ch。デコード機能として、Dolby Digital、Pro Logic II、DTS、AACに対応する。

 AVX-S35Bは、幅11.8×高さ19.8cmのコンパクトなスピーカーシステム「NS-M025」が使われている、手軽にホームシアターを始めたいユーザー向けの2chシステム。NS-P025をプラスすることで、5.1chフルサラウンドシステムへのグレードアップが可能。

 AVX-S35Dは、音楽表現力に優れたブックシェルフ型のスピーカーシステム「NS-M325」が使われている、音楽も映画もより高音質で楽しみたいユーザー向けの2chシステム。NS-P025をプラスすることで、5.1chフルサラウンドシステムへのグレードアップが可能。

 AVX-S35Pは、センタースピーカー、フロントスピーカー、サブウーハーをセットにした、明瞭なセリフや迫力の重低音再生など、上質のシアターサウンドがフロントスピーカーのセッティングだけで楽しめる3.1chシステム。NS-M025をプラスすることで、5.1chフルサラウンドシステムへのグレードアップが可能。

 AVX-S35Fは、フロントスピーカー、センタースピーカー、サラウンド用スピーカーの計5本のスピーカーシステムとサブウーファーをセットにした、臨場感が部屋中に拡がる5.1chフルサラウンドシステム。

 DVD-S30は、アンプのデザインにマッチングされたDVDプレーヤーで、プログレッシブ出力に対応するD2端子を装備。DVDビデオやビデオ/音楽CDの再生が可能なほか、CD-Rに記録されたMP3の音楽再生とJPEG画像の表示が同時に行える機能が搭載されている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top