ミラクル・リナックス、Linuxクラスタ分野で日本オラクルおよびドットヒルと協業 | RBB TODAY

ミラクル・リナックス、Linuxクラスタ分野で日本オラクルおよびドットヒルと協業

エンタープライズ その他

 ミラクル・リナックスとオラクル、ドットヒルシステムズの3社は、Linux環境での本格的データベース・サーバの利用促進を図るため、エンタープライズ・クラスタ・ソリューション提供に向けて、Linuxクラスタ分野で協業することを発表した。

 この協業により、各社の製品を組み合わせることで、高可用性を低コストで実現するローエンドから、ダウンタイムを最低限に留める非常に高い可用性が要求されるハイエンドなミッション・クリティカルな分野まで、ビジネス用途に応じて段階的に適用できるエンタープライズ・クラスタ・ソリューションを提供することが可能になるという。

 そこで3社は、信頼性の高いシステム構築と高品質な運用支援サポートの提供を包括したLinuxの高信頼データベース・クラスタ・ソリューション「高信頼DBクラスタ・ソリューション」を提供開始する。ローエンド、ミッドレンジ、ハイエンドと、ビジネス用途に応じて段階的に対応できる3パターンのクラスタ・ソリューションを用意し、適切な投資と性能でLinuxシステム構築を可能にするとしている。今後3年間での販売予定は100セット。

 なお、協業の一環として、エンドユーザを対象にしたセミナーを、10月5日にミラクル・リナックスで、10月14日には日本オラクルで開催する。
《小笠原陽介》
page top