ソフォス、2005年7月の「月間トップ10ウイルス」を発表。Mytobワームの亜種が占める | RBB TODAY

ソフォス、2005年7月の「月間トップ10ウイルス」を発表。Mytobワームの亜種が占める

エンタープライズ その他

 ソフォスは2日、2005年7月のコンピュータウィルスの報告数をまとめた「トップ10ウィルス」を発表した。7月は、先日有罪判決を受けたドイツのティーンエージャー、Sven Jaschanによって作られたワーム「Netsky-P」が1位の座に復活したものの、トップ10のうち7つがMytobワームの亜種となっている。同社によれば、これらのMytobの亜種は、7月に報告をうけたすべてウイルスのうち、実に37%以上を占めているという。

 2005年7月におけるトップ10ウィルスは以下のとおり。

[1位]W32/Netsky-P(13.9%)
[2位]W32/Mytob-AS(11.6%)
[3位]W32/Mytob-BE(9.3%)
[4位]W32/Mytob-EP(5.5%)
[5位]W32/Zafi-D(3.5%)
[6位]W32/Mytob-CX(3.2%)新規
[7位]W32/Netsky-D(3.1%)
[8位]W32/Mytob-CJ(2.6%)
[9位]W32/Mytob-CN(2.6%)
[10位]W32/Mytob-AT(2.3%)
その他(42.4%)

 今月のチャートの大部分を占めたMytobワームについて、同社では、大きな被害を起こすワームではないとするものの、形を変えて亜種を続々と登場させていることに注目している。今月新規に登場し、6位にランクされたMytob-CXもMytobの新しいファミリーのひとつであり、今後もMytobの亜種が増えていく傾向が続くものと予測している。

 なお、同社では7月に1,380件の新規ファイルを検知・駆除対応した。これにより同社が現在までに検知したウィルス数は合計で107,598件に達する。ソフォスの統計では7月に使用されたメールのうち2.1%(47通に1通)がウィルスメールであり、これは先月の「43通に1通」に比べて若干増えているという。
《竹内充彦》

特集

page top