ソニーとコニカミノルタ、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラを共同開発 | RBB TODAY

ソニーとコニカミノルタ、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラを共同開発

 ソニーとコニカミノルタフォトイメージングは19日、αマウント対応のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラを共同開発することで合意した。

IT・デジタル デジカメ
 ソニーとコニカミノルタフォトイメージングは19日、αマウント対応のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラを共同開発することで合意した。

 コニカミノルタは、AF(自動焦点)技術やAE(自動露出)技術、一眼レフのメカトロ技術、CCDシフト方式のボディ内蔵手ブレ補正技術、1,600万本の交換レンズ資産を持っているカメラメーカー。一方のソニーは、CCDやCMOSなどのイメージセンサー、画像処理技術、リチウムイオンバッテリー、小型・軽量化設計技術、高密度実装技術など、主要技術・デバイスを有する。両社は、これらの関連技術やキーデバイスを生かして、αマウントシステムに準拠したデジタル一眼レフカメラの商品化を進めていくという。

 ソニーの広報によると、共同開発の交渉は、2005年春に始めたとしており、製品化は2006年夏の見込み。製品は、両社のブランドから発売される。なお、手ブレ補正技術ライセンスの授受などといったスペックは未定。

 ソニー執行役パーソナルオーディオビジュアルネットワークカンパニー NCプレジデントの中川裕氏は、「αシリーズに代表されるコニカミノルタの優れたカメラ技術と、私共のデジタルAV技術によって、新たな商品づくりに取り組めることを大変喜ばしく思います。ソニーは今後、成長著しいレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ市場に参入し、デジタルイメージング事業をさらに強化してまいります」と述べている。

 コニカミノルタフォトイメージング代表取締役社長の宮地剛氏は、「デジタルカメラに不可欠なデバイス・技術に強さを有するソニーと共同で開発に取り組めることを非常に喜んでおります。重点強化を目指しているデジタル一眼レフカメラの商品力の大幅な向上を図り、イメージングにおいて、新しい価値を創造してまいります」とコメントしている。
《高柳政弘》

特集

page top