シャープ、左右の視野角により別画面を表示できる「デュアルビュー液晶」など | RBB TODAY

シャープ、左右の視野角により別画面を表示できる「デュアルビュー液晶」など

IT・デジタル ノートPC

 シャープは14日、特殊な機能を持った液晶ディスプレイ2種の量産を7月に開始したと発表した。今回量産を開始したのは、シャープとシャープヨーロッパ研究所が開発した「デュアルビュー液晶」と「ベールビュー液晶」の2種類。

 デュアルビュー液晶は、液晶ディスプレイの視野角を制御することで、左右に異なる情報やコンテンツを同時表示できる1台2役の液晶ディスプレイ。一般的なTFT液晶ディスプレイ上に「視差バリア」を設けるなど独自の工夫により左右に光を分離し、異なる情報やコンテンツの表示を可能にしている。また、左右画面を同じ表示内容にすることで、通常のディスプレイとしての利用も可能となっている。

 一方のベールビュー液晶は、電気的なオン/オフの切り替えにより液晶ディスプレイの表示を「広視野角」と「狭視野角」に切り替えられる、覗き込みを防止するモバイル機器に最適な液晶ディスプレイ。一般的なTFT液晶ディスプレイ上に「スイッチ液晶」など独自の工夫を設けることで左右への光を遮蔽しているため、通常の広視野角と狭視野角の切り替えを可能にしている。
《村上幸治》
page top