NTTコミュニケーションズ、電子マネーちょコムによる利用料金支払いを受け付け開始 | RBB TODAY

NTTコミュニケーションズ、電子マネーちょコムによる利用料金支払いを受け付け開始

ブロードバンド その他

 NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)では、7月13日から、通話料やOCN利用料など個人向けサービスの利用料金を、同社が提供する「電子マネーちょコム」により支払えるようになった。

 電子マネーちょコムは、NTT Comによる、ネット専用のプリペイド式電子マネーサービスだ。利用者ごとに用意される「ちょコム貯金箱」に予めチャージしておくことで、現在約2,500のオンラインショップで支払いが可能。ICカード(セーフティパス)を利用してセキュリティを高め、高額まで支払い可能な「セーフティパスちょコム」と、ネット上で申込を行えば、すぐに誰にでも使える「Pちょコム」の2種類がある。

 今回、電子マネーちょコムでの支払いが可能になるのは、NTT Comが発行請求するOCNや電話などのサービスに限られ、NTT東日本、NTT西日本発行の請求書に合算されている電話料金は対象とならない。また、支払い操作はPCからのみとなる。

 支払い方法は「ちょコムで請求書のネット払い」と「貯めたちょコムをNTT Com料金に使う」の2種。

 前者は請求書による支払いの場合に、請求書記載の料金を、電子マネーちょコムによりインターネット経由で支払うもの。コンビニや金融機関窓口に出向くことなく、自宅から好きな時間に支払える。1回の支払い上限額はセーフティパスちょコムで50万円、Pちょコムで5万円。

 後者は一定額の電子マネーちょコムを前払いすることで、その金額が翌月のNTT Comの請求料金に充当されるもの。1回の利用は500円単位で1万円まで。クレジットカード、口座振替、請求書による支払いに対応し、電子マネーちょコムによる充当分を差し引いた額の引き落としまたは請求書発行が行われる。前払いした電子マネーちょコムの額が、翌月の利用料金より多い場合、残額は翌々月分に繰り越して充当する。

 なお、7月13日〜10月31日までの間に、電子マネーちょコムでNTT Comの利用料金を2,000円以上支払ったユーザーに、もれなく(期間中1人1回)電子マネーちょコム200円分をプレゼントするキャンペーンも行われる。
《小笠原陽介》

特集

page top