TBSとフジテレビ、次世代型バーコードシステム「カラーコード」を本格運用へ | RBB TODAY

TBSとフジテレビ、次世代型バーコードシステム「カラーコード」を本格運用へ

ブロードバンド その他

 カラージップ・ジャパンは17日、東京放送およびフジテレビジョンとともに、次世代型バーコードシステム「カラーコード」の技術を使った携帯電話とテレビ放送を連動させるアプリケーションの開発を進め、今年夏からの運用を目指していると発表した。
  •  カラージップ・ジャパンは17日、東京放送およびフジテレビジョンとともに、次世代型バーコードシステム「カラーコード」の技術を使った携帯電話とテレビ放送を連動させるアプリケーションの開発を進め、今年夏からの運用を目指していると発表した。
 カラージップ・ジャパンは17日、東京放送(TBS)およびフジテレビジョン(フジテレビ)とともに、次世代型バーコードシステム「カラーコード」の技術を使った携帯電話とテレビ放送を連動させるアプリケーションの開発を進め、今年夏からの運用を目指していると発表した。カラージップ・ジャパンは日本におけるカラーコードの独占事業権を有する企業。

 3社は、携帯電話でテレビ放送上に表示されたカラーコードを認証することにより、テレビ番組の内容に関連したモバイルコンテンツを提供する番組オフィシャルサイトなどにダイレクトにアクセスできるアプリケーションを開発しているという。想定されている番組コンテンツは、投票企画への参加、音楽サンプルの提供、ショッピング番組での商品購入、プレゼント応募受付など。

 カラーコードは、QRコードなど今までの2次元コードに4色(赤青緑黒)を用いたバーコードシステム。印刷物だけでなく、テレビ画面や曲面などさまざまなメディアや材料に対応できるほか、PCカメラや携帯電話のカメラで簡単に遠隔読み取りが可能なのが特徴となっている。また、好みのデザインや文字模様にセル模様が変形できるなど、次世代型拡張機能も実現するという。
《村上幸治》
page top