米ゲートウェイ、モバイルAthlon 64搭載ノートPCなど日本市場向け新製品4機種 | RBB TODAY

米ゲートウェイ、モバイルAthlon 64搭載ノートPCなど日本市場向け新製品4機種

IT・デジタル ノートPC

Gateway 7425JP
  • Gateway 7425JP
  • Gateway 4546JP
  • Gateway 627JP
  • Gateway 712JP
 米ゲートウェイは13日、日本市場向けPCの新製品を4月下旬に発売すると発表した。ラインアップは、モバイルAthlon 64 3400+搭載ノート「Gateway 7425JP」、Pentium M 725搭載ノート「Gateway 4546JP」、省スペース型デスクトップ「Gateway 627JP」、BTXアーキテクチュア採用のデスクトップ「Gateway 712JP」の4機種で、価格は順に139,800円、129,800円、94,800円、129,800円となる。取り扱い店舗は、九十九電機、石丸電気、ノジマ、上新電機で順次販売される。

 Gateway 7425JPは、CPUにモバイルAthlon 64 3400+(2.2GHz)を採用し、グラフィックスチップ「MOBILITY RADEON 9600(64Mバイト)」を搭載したハイスペックノート。15.4型WXGA光沢液晶ディスプレイ、512Mバイトメモリ、80GバイトHDD、6種類のメモリカードを扱えるメディアリーダー、2層DVD+R対応DVDスーパーマルチドライブ、IEEE802.11g対応の無線LANカードを内蔵している。

 Gateway 4546JPは、Pentium M 725(1.60GHz)を搭載した薄型軽量ノートPC。15型XGA光沢液晶ディスプレイ、512Mバイトメモリ、60GバイトHDD、4種類のメモリカードを扱えるメディアリーダーを装備している。

 また同型廉価モデルとして、Celeron M 350(1.30GHz)搭載の「Gateway 4023JP」も同時に発売される。価格は89,800円。

 Gateway 627JPは、縦置き/横置き両対応の省スペース型デスクトップ。CPUにはPentium 4 630(3GHz)、メモリに512MバイトのDDR SDRAMを搭載。このほか、200GバイトHDD(シリアルATA/7200RPM)、DVDスーパーマルチドライブを搭載している。

 Gateway 712JPは、ゲートウェイが米国で特許出願中の新技術と、インテルのBTXアーキテクチュアを中心に開発した低静音なデスクトップ。本モデルは、2つのファンを装備し、ケース内に通常のPCの3倍以上の空気を通し冷却できる。これにより、大きなCPUパワーを必要とするプログラムが動いた場合でも熱暴走することなくPCを正常に稼動できる設計にしているという。また、これらのファンは、通常時には定格の40%という遅い速度で回転しているため、非常に静かだとしている。

 CPUにはPentium 4 640(3.20GHz)を採用するほか、グラフィックアクスチップ「RADEON X600 Pro(128MバイトDDRビデオメモリ)」を装備。このほか、メインメモリに1GバイトDual Channel DDR、250GバイトHDD(シリアルATA/7200rpm)、DVDマルチドライブを搭載している。
《村上幸治》

特集

page top