Lunascape、AIR-EDGE向けの機能を強化したタブ型ブラウザの提供を開始 | RBB TODAY

Lunascape、AIR-EDGE向けの機能を強化したタブ型ブラウザの提供を開始

ブロードバンド その他

 Lunascapeは4月6日から、タブ型ブラウザ「Lunascape2」にAIR-EDGE向けの機能を強化した新バージョン「Lunascape2 for AIR-EDGE」の提供を開始した。Webページから無料でダウンロードして利用できる。
  •  Lunascapeは4月6日から、タブ型ブラウザ「Lunascape2」にAIR-EDGE向けの機能を強化した新バージョン「Lunascape2 for AIR-EDGE」の提供を開始した。Webページから無料でダウンロードして利用できる。
 Lunascapeは4月6日から、タブ型ブラウザ「Lunascape2」にAIR-EDGE向けの機能を強化した新バージョン「Lunascape2 for AIR-EDGE」の提供を開始した。Webページから無料でダウンロードして利用できる。

 Lunascape2は日本製のタブ型ブラウザで、前バージョン以来、数十万人にダウンロードされている。ブラウザ・エンジンをIEとGeckoのどちらにも切り換えられるほか、RSSを利用したダイナミックブックマークなど、便利な機能が数多く備えられている。

 今回発表されたバージョンでは、AIR-EDGEがネットワークに接続されていない(切断)状態で、電波状況取得ボタンを押せば、現在の電界強度の目安が分かる機能が付加されている。今後、さらなる機能拡張を予定しているという。

 動作環境は以下のとおり。

●対応OS:Windows 98SE/Me/2000/XP
●対応AIR-EDGE:4x対応AIR-EDGE
●動作確認済み機種
 AX510N
 AH-N401C
 AH-H401C
 AH-F401U
 AH-H403C
 AH-S405C
 AH-H402P
 AH-H407P
●必須環境:Internet Explorer5.5以上
●推奨動作環境
 CPU:Pentium3 800MHz以上
 メモリ:256Mバイト以上
《小笠原陽介》

特集

page top