アドビ、安価なPDF生成ソフト「Adobe Acrobat 7.0 Elements 日本語版」を発売 | RBB TODAY

アドビ、安価なPDF生成ソフト「Adobe Acrobat 7.0 Elements 日本語版」を発売

IT・デジタル その他

 アドビシステムズ(アドビ)は、Adobe PDF(Portable Document Format)の生成・編集・管理ソフトウェアである「Adobe Acrobat 7.0」ファミリー製品の1つとして、PDFの生成に機能を特化した「Adobe Acrobat 7.0 Elements 日本語版」のパッケージ版を4月22日に発売する。

 価格は5,145円(税込み)で、対応OSはWindows XP/2000。また、同社の直販サイト「アドビストア」では同日からダウンロードによる販売も始める。

 いままで同社では、Adobe Acrobat Elements 日本語版を企業向け製品として100ライセンス以上だけでの提供を行っていたが、今回のパッケージ版発売により、100人未満の小規模企業やSOHOユーザーなどに向けても同ソフトを提供することにしたとしている。

 Adobe Acrobat 7.0 Elements 日本語版は、Microsoft WordやExcel、PowerPointなど日常的に使用されるOffice製品から、ワンクリックでAdobe PDFファイルを生成できるのが特徴。また、Adobe PDFに変換したいファイルを同ソフトのアイコン上にドラッグ&ドロップしたり、ファイルのアイコンを右クリックしたりするだけで、文書を開くことなくAdobe PDFファイルに変換可能となっている。さらに、Adobe PDFファイル生成時に、パスワード設定、閲覧者による印刷、コピー、内容の変更などの可否といったセキュリティ機能も設定できる。
《村上幸治》
page top