市川ソフト、RAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio」の最新版 EOS Kiss Digital Nに対応 | RBB TODAY

市川ソフト、RAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio」の最新版 EOS Kiss Digital Nに対応

 市川ソフトラボラトリーは18日、RAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio 1.0」の最新版を同社Webサイトに公開した。

IT・デジタル その他
 市川ソフトラボラトリーは18日、RAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio 1.0」の最新版を同社Webサイトに公開した。最新バージョンは、Windows版がVer.1.0.12.1、Mac OS版がVer.1.0.7となる。ライセンス価格は9,800円。なお、機能制限のあるフリーモードも用意されている。

 最新バージョンでは、いずれもキヤノンの普及価格帯デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss Digital N」に対応したほか、ニコンの最上位デジタル一眼レフカメラ「D2X」の撮影時WB(ホワイトバランス)を反映している。

 改善点は、次のとおり。一部のカメラで、DNG現像が正しく行われない問題、D2Xのクロップモードで撮影されたデータの画像サイズとトリミング位置、キヤノンの「EOS-1D Mark II」でISO50で撮影されたCR2の現像結果が+2/3EV明るい問題を修正した。

 また、Windows版では、仮想ファイルを作成するテンポラリフォルダを任意設定する機能も追加された。
《高柳政弘》

特集

page top