シャープ、ハイビジョンエンジン搭載のデジタルハイビジョンレコーダー3機種を発売 | RBB TODAY

シャープ、ハイビジョンエンジン搭載のデジタルハイビジョンレコーダー3機種を発売

IT・デジタル レコーダー

 シャープは、独自開発の「ハイビジョンクオリティ高速処理エンジン」を搭載したデジタルハイビジョンレコーダー3種類を3月10日に発売する。

 製品ラインアップは、400GバイトHDD搭載の「DV-HRD300」、250GバイトHDD搭載の「DV-HRD30」、160GバイトHDD搭載の「DV-HRD3」の3機種。価格はオープンで、実売予想価格は順に20万円前後、16万円前後、13万円前後の見込み。

 ハイビジョンクオリティ高速処理エンジンの搭載により、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン放送をそのまま録画・再生できるのが特徴。また、DV-HRD300/30にはHDMI出力端子を装備しており、録画したデジタルハイビジョン番組の映像・音声をデジタル信号のまま、同社の液晶テレビAQUOS「LC-45GD1」などのテレビに出力できるようになっている。

 録画可能ディスクはDVD-R/RW、再生はビデオフォーマットで記録・ファイナライズされていればすべてのDVDメディアに対応。最大録画時間はBSデジタルのハイビジョン録画の場合(約24Mbps)で順に、約34時間、約21時間、約13時間となる。
《村上幸治》
page top