キヤノン、高品位なポスター簡単作成機能を装備した大判インクジェットプリンター3機種 | RBB TODAY

キヤノン、高品位なポスター簡単作成機能を装備した大判インクジェットプリンター3機種

IT・デジタル デジカメ

 キヤノンは24日、グラフィック用大判カラーインクジェットプリンターシリーズ「imagePROGRAF」のラインアップに3機種を追加すると発表した。
  •  キヤノンは24日、グラフィック用大判カラーインクジェットプリンターシリーズ「imagePROGRAF」のラインアップに3機種を追加すると発表した。
  •  キヤノンは24日、グラフィック用大判カラーインクジェットプリンターシリーズ「imagePROGRAF」のラインアップに3機種を追加すると発表した。
 キヤノンは24日、グラフィック用大判カラーインクジェットプリンターシリーズ「imagePROGRAF」のラインアップに3機種を追加すると発表した。

 追加されるのは、B0ノビサイズ(44インチ幅)対応の「W8400」、A1ノビサイズ(24インチ幅)対応の「W6400」、A3ノビサイズ対応の「W2200S」で、3月上旬から順次発売される。価格はすべて税込みで、順に598,000円、298,000円、248,000円(スタンド別)。

 W8400とW6400は、高速と高画質を両立しつつ、大判出力が必要とされるすべての用途に対応するモデル。4ピコリットルの極小インク滴を実現した新ヘッドや、高発色の新イエローインク、新画像処理を搭載することで大幅な画質の向上を図っている。また、2種類の交換式ブラックインクの採用により、フォト紙やマット紙など幅広い印刷メディアへのプリントが可能になっている。さらに、1インチ幅の超多ノズル・高密度ヘッドにより、高速モード時でA0サイズを約2.2分、A1サイズを約1.3分で出力できる。

 ソフトウェア面では、「Photoshop」に対応した出力プラグインや「AutoCAD/AutoCAD LT」用のHDIドライバーに対応しているほか、ポスター作成ソフトウエア「PosterArtist」によるポスター簡単作成機能が標準装備されている。

 W2200Sは、既存機種「W2200」の後継機種で、基本性能を継承しつつ、ポスター簡単作成機能や多彩なソフトウエアと新開発プリンタードライバーを装備する、操作性と色調整機能の向上を図ったモデルとなっている。
《村上幸治》

特集

page top