NEC、Intel 915 Expressチップセット搭載のビジネス向けノート「VersaPro」 | RBB TODAY

NEC、Intel 915 Expressチップセット搭載のビジネス向けノート「VersaPro」

IT・デジタル ノートPC

VersaPro VY11F/BH-T
  • VersaPro VY11F/BH-T
  • VersaPro VY20F/AE-T
 日本電気(NEC)は19日、最新のPentium M/Celeron MやIntel 915GM Expressチップセットを搭載した「VersaPro」シリーズのモバイルノート3機種、オールインワンノート6機種の計9機種を発表した。

 価格はBTO対応のため一定ではないが、モバイルノートのノーマルタイプ「VY11F/BH-T」で210,000円、オールインワンノートの最上位タイプ「VY20F/AE-T」で372,750円となる。また、販売は19日から行われるが出荷は2月中旬頃となっている。

 モバイルノートには、12.1型XGA液晶を搭載した「ノーマルタイプ」と、14.1型SXGA+液晶を搭載した「大画面タイプ」、12.1型タッチパネル液晶を搭載した「タッチパネルタイプ」の3機種5モデルを用意。

 大画面タイプには、Pentium M 735(1.70GHz)搭載モデルと、Celeron M 350(1.30GHz)搭載モデルがありCPU以外の基本スペックは同じだ。ビデオチップにはMOBILITY RADEON 9700(64Mバイトビデオメモリ)を採用し、1,400×1,050ピクセル表示となっている。本体サイズは幅315×奥行き258×高さ29.7〜37mm、重さ約2.1kg。

 ノーマルタイプには、超低電圧版Pentium M 733J(1.10GHz)搭載モデルと、超低電圧版Celeron M 373(1GHz)搭載モデルがあり、やはりCPU以外のスペックは共通となっている。また、タッチパネルタイプのスペックはCeleron搭載モデルと共通だ。本体サイズは幅272×奥行き237.5×高さ25.2〜27.2mm、重さ約1.32kg。

 インターフェースはほぼ共通で、Gigabit EthernetやIEEE1394、USB2.0、PCカード(TYPE II)スロット、CFカード(TYPEII)スロットを内蔵している。また大画面タイプには、SDメモリーカード、メモリースティック共用スロットも備えている。プリインストールOSには、Windows XP Home EditionまたはProfessionalのどちらかが選択できる。

 オールインワンノートには、グラフィックカードにPCI Express×16に対応したMOBILITY RADEON X300を採用しIntel 915PM Expressチップセットを搭載する「ハイグレードタイプ」が6モデル、ラインアップに追加されている。

 最上位モデルでは、Pentium M 760(2GHz)、15型QXGA液晶ディスプレイを搭載。このほかのモデルではCPUに、Pentium M 740(1.73GHz)やCeleron M 350(1.30GHz)、液晶ディスプレイには15型のSXGA+対応液晶やXGA対応液晶が採用されている。

 インターフェースは共通で、Gigabit EthernetやIEEE1394、USB2.0、PCカード(TYPEII)スロットを内蔵。また、外部ディスプレイ出力のほか、Sビデオ出力端子も備えている。本体サイズは、最上位モデルが幅327×奥行き269.5×高さ41.2〜43.2mm、重さ約3.7kg。そのほかのモデルでは、幅327×奥行き269.5×高さ40.4〜42.4mm、重さ約3.6kg。プリインストールOSは、Windows XP Professionalとなっている。
《村上幸治》

特集

page top