日立GST、小型の1.0型マイクロドライブと薄型の1.8型HDDを製品化へ | RBB TODAY

日立GST、小型の1.0型マイクロドライブと薄型の1.8型HDDを製品化へ

IT・デジタル ノートPC

 日立グローバルストレージテクノロジーズ(日立GST)は6日、従来製品と比べ小型化した1.0型マイクロドライブと、薄型化した1.8型HDDを、2005年下半期に製品化すると発表した。

 1.0型マイクロドライブは、設計改良により従来製品と比べ20%の小型化と8G〜10Gバイトの記憶容量を備える新しい小型マイクロドライブ「Mikey(マイキー)」シリーズを製品化する。おもに機器内蔵用途として用いられ、重量は14g程度となる。LSIチップセットの改良により従来製品より40%消費電力を抑えるほか、動作時の耐衝撃性も倍にするという。

 1.8型HDDでは、従来より30%薄型化して5mm厚とした「Slim(スリム)」シリーズを製品化する。1枚円盤構成となっており、容量は30G〜40Gバイトとなる。
《村上幸治》

特集

page top