東芝、W録機能を搭載したHDD&DVDレコーダーのスタンダードモデル DVD-R VR対応 | RBB TODAY

東芝、W録機能を搭載したHDD&DVDレコーダーのスタンダードモデル DVD-R VR対応

 東芝は、HDDへ2番組同時に録画できる「W録」機能と、地上アナログ放送とインターネットの両方から番組情報を取得できる「WEPG」機能を装備したスタンダードモデル「RD-XS46」「RD-XS36」を11月中旬から順次発売する。

IT・デジタル レコーダー
RD-XS46
  • RD-XS46
  • RD-XS46(背面)
  • D-VR2
 東芝は、HDD&DVDレコーダー「RD-Style」シリーズの新製品として、HDDへ2番組同時に録画できる「W録(ダブロク)」機能と、地上アナログ放送とインターネットの両方から番組情報を取得できる「WEPG」機能を装備したスタンダードモデル「RD-XS46」「RD-XS36」を11月中旬から順次発売する。

 価格はオープンで、実売予想価格は250GバイトHDDモデルのRD-XS46が120,000円前後、160GバイトHDDモデルのRD-XS36が100,000円前後。発売日は、RD-XS46が12月上旬、RD-XS36が11月中旬となる。

 RD-XS46/36は、アナログBSとアナログ地上波×2の計3つのチューナーを備えており、地上波の同時録画に加え、地上波とBSアナログの同時録画も行えるのが特徴だ。また、2つのエンコーダーから選択する仕様により、BSアナログ映像とD1映像を同時に録画可能。

 さらに、WEPG機能を搭載しているため、アンテナに接続するだけで地上アナログ放送の番組情報を取得できるほか、インターネット回線に接続することで、BSデジタル放送やスカイパーフェクTV!などの番組情報を取得できる。

 DVDマルチドライブは、8倍速のDVD-R、5倍速のDVD-RAM、4倍速のDVD-RW記録が可能な高速ドライブとなり、DVD-RのVRモード録画とCPRMにも対応した。

 RD-XS46は250GバイトHDD、RD-XS36は160GバイトHDDを搭載し、それぞれ最大で約445時間、約284時間の録画が可能としている(画質レートMN1.0Mbps、音声モードM1(ドルビーデジタル192kbps)の場合)。映像DACは10ビット/54MHz。

 また、VHS一体型DVDレコーダーの新製品として、地上波アナログチューナーを2つ装備したモデル「D-VR2」を12月上旬に発売する。価格はオープン。
《高柳政弘》

特集

page top