PiTaPa、10月から買い物も可能に。近畿地区の200店舗が対応 | RBB TODAY

PiTaPa、10月から買い物も可能に。近畿地区の200店舗が対応

ブロードバンド その他

 スルッとKANSAI協議会は、運賃の支払い向けポスペイドカード「PiTaPa」を利用した買い物サービスを10月から開始する。これにより、近畿地区の駅を中心にした200店舗にておいて、PiTaPaを使った買い物ができるようになる。

 この買い物サービスはポスペイド式(後払い式)ではあるが、サインや暗証番号の入力は不要で、読み取り機にかざすだけで決済が完了するのが特徴だ。なお、1日当たり30,000円、1か月当たり50,000円の限度額が設定されている。

 また、100円の買い物に付き1ポイントが貯まり、500ポイントで当月の運賃支払いから50円が値引きされる。なお一部の店舗では、ポイントアップを実施している。
《安達崇徳》
page top