ペンタックス、10万円を切る世界最小・最軽量デジタル一眼レフカメラ「*ist Ds」 | RBB TODAY

ペンタックス、10万円を切る世界最小・最軽量デジタル一眼レフカメラ「*ist Ds」

IT・デジタル デジカメ

 ペンタックスは、有効610万画素CCD搭載のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「*ist Ds」を11月上旬に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は10万円を切る見込み。

*ist Ds

 *ist Dsは、9月に発売したデジタル一眼レフカメラ「*ist D」をベースに、コストパフォーマンスを追及した普及価格帯モデル。ボディサイズは幅125×高さ92.5×厚さ66mm、重さは505g(電池別)で世界最小・最軽量を実現している。

背面

 11点AFセンサー(SAFOX VIII、中央部9点はクロスタイプのワイドセンサー)を採用。シャッタースピードは1/4,000〜30秒、ストロボ同調1/180秒。連写は毎秒2.8コマ、最大8コマの連続撮影が可能だ。

 ファインダーは視野率95%、倍率0.95倍のガラスペンタプリズムとなる。液晶ディスプレイは2.0型。

軍艦部

 KAFマウントに対応し、各種ペンタックス交換レンズを装着できる。記録メディアはSDメモリーカード、PC用インターフェースはUSB2.0を採用する。電源はCR-V3リチウム電池2本または単3形電池4本。

 本製品には、RAWデータ現像ソフト「PENTAX PHOTO Laboratory 2.0」や、ブラウザソフト「PENTAX PHOTO Browser 2.0」を同梱する。

《高柳政弘》

特集

page top