富士写、ホールド性を追求した「FinePix Eシリーズ」も発表 | RBB TODAY

富士写、ホールド性を追求した「FinePix Eシリーズ」も発表

IT・デジタル デジカメ

富士写、ホールド性を追求した「FinePix Eシリーズ」も発表
  • 富士写、ホールド性を追求した「FinePix Eシリーズ」も発表
  • 富士写、ホールド性を追求した「FinePix Eシリーズ」も発表
  • 富士写、ホールド性を追求した「FinePix Eシリーズ」も発表
  • 富士写、ホールド性を追求した「FinePix Eシリーズ」も発表
 富士写真フイルムは、ホールド性を追求した「Egrip(イーグリップ)」を採用したデジタルカメラ「FinePix E510」「FinePix E550」を9月上旬に発売する。価格は、E510が45,000円前後、E550が55,000円前後(いずれも税込み)。

 FinePix E510は、有効520万画素のCCDとフジノン光学3.2倍ズームレンズを搭載したモデル。焦点距離は35mmフィルム換算で28〜91mm相当。被写体に約2.6cmまで寄れるスーパーマクロモードを備える。

FinePix E510

 FinePix E550は、「スーパーCCDハニカムIV HR」を搭載し、有効画素数630万画素、最大記録画素数4048×3040ピクセル(1,230万画素)を実現した。同社独自の新開発画像処理システムを装備し、豊かな色再現が可能なほか、新ノイズフィルターにより解像度を落とさずノイズを低減できるという。また、フジノン光学4倍ズームレンズを採用している。

FinePix E550
《高柳政弘》

特集

page top