ロジテック、CF+ TypeII準拠の2.2GバイトHDDカードを発売。RAWデータ記録に最適と | RBB TODAY

ロジテック、CF+ TypeII準拠の2.2GバイトHDDカードを発売。RAWデータ記録に最適と

IT・デジタル デジカメ

 ロジテックは、一眼レフデジタルカメラ向けにCF+ TypeII準拠のHDDカード「LMC-CFHD2G」を6月下旬より販売する。容量は2.2Gバイト。価格はオープンプライスだが、同社によると市場推定価格は29,800円(税抜き)としている。
  •  ロジテックは、一眼レフデジタルカメラ向けにCF+ TypeII準拠のHDDカード「LMC-CFHD2G」を6月下旬より販売する。容量は2.2Gバイト。価格はオープンプライスだが、同社によると市場推定価格は29,800円(税抜き)としている。
  •  ロジテックは、一眼レフデジタルカメラ向けにCF+ TypeII準拠のHDDカード「LMC-CFHD2G」を6月下旬より販売する。容量は2.2Gバイト。価格はオープンプライスだが、同社によると市場推定価格は29,800円(税抜き)としている。
 ロジテックは、一眼レフデジタルカメラ向けにCF+ TypeII準拠のHDDカード「LMC-CFHD2G」を6月下旬より販売する。容量は2.2Gバイト。価格はオープンプライスだが、同社によると市場推定価格は29,800円(税抜き)としている。

 LMC-CFHD2Gは、一眼レフデジタルカメラにおけるRAWデータ撮影に最適だとされている。そのため、キヤノンの「EOS Kiss Digital」やニコンの「D70」などでの動作が確認されおり、これらのデジカメでは200枚以上のRAWデータが保存できる。

 この2機種については書き込み速度の目安も公表されており、スポーツモードによる連写を1分間続け、JPEGのスタンダードな圧縮率で記録すると、EOS Kiss Digitalでは24枚撮影でき、書き込みには1分29秒かかる。一方のD70は、43枚/1分11秒だとしている。

「LMC-CFHD2G」


■動作検証済みカメラ
●キヤノン
 EOS Kiss Digital
 PowerShot G5(F/W 2.0.0.0)
 PowerShot S50
 PowerShot S45
●ニコン
 D70

●富士写真フイルム
 FinePix S602
《安達崇徳》

特集

page top