オリンパス、ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0が「TIPA ベストハイエンドレンズ 2004」を受賞 | RBB TODAY

オリンパス、ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0が「TIPA ベストハイエンドレンズ 2004」を受賞

IT・デジタル デジカメ

オリンパス、ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0が「TIPA ベストハイエンドレンズ 2004」を受賞
  • オリンパス、ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0が「TIPA ベストハイエンドレンズ 2004」を受賞
  • オリンパス、ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0が「TIPA ベストハイエンドレンズ 2004」を受賞
  • オリンパス、ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0が「TIPA ベストハイエンドレンズ 2004」を受賞
 オリンパスのレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ用レンズ「ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0」(10月下旬発売予定)が「TIPA ベストハイエンドレンズ 2004」を受賞した。

TIPA ベストハイエンドレンズ 2004を受賞

 受賞理由としては、「フォーサーズシステム規格の利点を活かし、35mmフイルムカメラのシステムでは難しかった望遠撮影と大口径の組み合わせを実現。デジタル撮影のために最適化した光学デザインにより、デジタル専用光学設計の長所を活かすことを追求している」としている。


ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0

 TIPA(Technical Image Press Association)は、ヨーロッパ12カ国31誌のカメラ・映像関連専門誌の代表によって構成される団体。毎年、映像関連製品に関する分野で特に優秀な製品や技術を選出している。なお、授賞式は、9月にドイツ・ケルンで開催される世界最大規模の写真・映像展示会「フォトキナ2004」の期間中に行われる予定だ。

 また、国内未発売のコンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA C-310 ZOOM」が「TIPA ベストデジタルバジェットコンパクトカメラ 2004」を、同じく国内未発売のコンパクトフイルムカメラ「μ(ミュー)-III 80」が「TIPA ベスト35mmコンパクトカメラ 2004」を受賞した。
《高柳政弘》

特集

page top