マイクロソフト、メッセンジャーやメールを使ったセキュリティ警告サービス | RBB TODAY

マイクロソフト、メッセンジャーやメールを使ったセキュリティ警告サービス

ブロードバンド その他

 マイクロソフトは、セキュリティ情報や天気情報などをWindows MessengerやMSNメッセンジャー、電子メールで通知する「MSNアラート」を、6月14日より開始した。メッセンジャー(高機能なチャットツール)を利用したプッシュ型の情報配信サービスで、利用は無料。

 MSNアラートには、ウイルスやセキュリティ更新プログラムについて通知する「コンピュータ・アラート」のほか、地域ごとの天気予報を知らせる「天気アラート」、鉄道各線の運行状況を知らせる「路線アラート」、映画・音楽情報の「エンターテイメント アラート」、毎日の運勢を知らせる「占いアラート」の5種類がある。

 Windows MessengerやMSNメッセンジャーを使用している場合、新着情報がデスクトップにポップアップ表示される。また、メッセンジャーにサインインしているかどうかでメッセージの送付先を切り替えることもできる。
《伊藤雅俊》

特集

page top