NETSKYは沈静化、SASSER被害は限定的 —トレンドマイクロの5月ウイルス感染レポート | RBB TODAY

NETSKYは沈静化、SASSER被害は限定的 —トレンドマイクロの5月ウイルス感染レポート

エンタープライズ その他

 トレンドマイクロは、2004年5月度のウイルス感染被害レポートを公表した。1位は亜種が多数作成されたWORM_NETSKYで、大規模感染が懸念されたWORM_SASSERは4位となった。

 SASSERが比較的少数の報告にとどまったことについてトレンドマイクロでは、SASSERのプログラム自体がWindows2000 日本語版に感染できなかったこと、連休によって企業のPCの多くが稼働していなかったこと、などをその理由にあげている。

 また、今月はトロイの木馬型のランクインが目立っており、トレンドマイクロではアンダーグラウンド系やアダルトサイトなど怪しいサイトには近づかないよう注意を促している。

■ウイルス被害報告ランキング(2004年5月:日本国内)
順位 ウイルス名 被害件数 先月の順位と件数
1位 WORM_NETSKY 693件 (1位・1222件)
2位 WORM_AGOBOT 419件 (2位・333件)
3位 JAVA_BYTEVER.A 282件 (4位・254件)
4位 WORM_SASSER 256件 (新規)
5位 TROJ_ISTBAR 229件 (圏外)
6位 TROJ_MITGLIEDR.I 161件 (新規)
7位 WORM_NACHI.B 154件 (圏外)
8位 TROJ_REVOP.A 92件 (圏外)
9位 TROJ_BANKER.W 79件 (新規)
10位 TROJ_BUDDYLINK.A 76件 (新規)
《伊藤雅俊》

特集

page top