2003年度におけるBフレッツの増数はNTT東よりもNTT西の方が上回る結果に | RBB TODAY

2003年度におけるBフレッツの増数はNTT東よりもNTT西の方が上回る結果に

ブロードバンド その他

 NTT持ち株会社は、平成15年度の決算に合わせて接続系のフレッツサービスの契約数も発表した。これによるとBフレッツは、NTT東日本は前期比31.5万契約増の42.6万契約だったが、NTT西日本は32.6万契約増の41.4万回線になり、NTT西日本の増数が若干上回ったことになる。

 NTT西日本とNTT東日本のBフレッツにおける違いは、まずは料金だ。多く普及している32分割型のサービスを比較すると、NTT東日本のBフレッツ ニューファミリータイプは月額4,500円、NTT西日本のファミリー100タイプは月額4,300円になり、NTT西日本の方が安い。さらにNTT西日本は、「学生割引」や「シニア割引」(いずれもすでに終了)、「フレッツ・ずっと割引」や「フレッツ・あっと割引」が適用されるため、最大で10%割引の月額3,870円で利用できる。またNTT西日本は、加入を希望するユーザの数に応じてエリアを拡大している。これらのことから、BフレッツにおいてはNTT西の増数の方が多くなったと見られる。

 また、フレッツ・ADSLはNTT東西合計で408.9万契約になった。内訳は、NTT東日本が228.3万契約、NTT西日本が180.6万契約。

 詳細は以下のとおり。

Bフレッツ
  NTT東日本 NTT西日本 合計
2003年3月末契約数
11.1万
8.8万
19.9万
 2003年度増数
31.5万
32.6万
64.1万
2004年3月末契約数
42.6万
41.4万
84.0万
2005年3月末契約数
(予測)
102.6万
101.4万
204万


フレッツ・ADSL
  NTT東日本 NTT西日本 合計
2003年3月末契約数
143.0万
112.7万
225.7万
 2003年度増数
85.3万
67.9万
153.2万
2004年3月末契約数
228.3万
180.6万
408.9万
2005年3月末契約数
(予測)
298.3万
250.6万
548.9万
《安達崇徳》

特集

page top