東芝、薄さ58mmのHDD&DVDビデオレコーダー普及モデル | RBB TODAY

東芝、薄さ58mmのHDD&DVDビデオレコーダー普及モデル

IT・デジタル レコーダー

東芝、薄さ58mmのHDD&DVDビデオレコーダー普及モデル
  • 東芝、薄さ58mmのHDD&DVDビデオレコーダー普及モデル
 東芝は、薄さ58mmのボディに160GバイトのHDDとDVDマルチドライブ(DVD-R/RW/RAM書き込み対応)を内蔵した、HDD&DVDビデオレコーダー「RD-XS33」を7月1日に発売する。オープン価格で、実売予想価格は8万円前後。

HDD&DVDビデオレコーダー普及モデル「RD-XS33」

 RD-SX33は、HDD&DVDビデオレコーダーの普及モデルながら、高速ダビング中の新規録画や録画中の別タイトル編集といったマルチ操作機能、1.5倍速の早見早聞き再生機能などが行える「RDエンジン」を搭載している。

 また、録画予約、タイトル一覧、高速ダビングといった主な機能をメニュー表示する「簡単ナビ」も装備。簡単ナビは、リモコンから1ボタンで呼び出せるほか、録画番組の動画プレビュー機能を備える。

 さらに、画質モードを1.0Mbpsに指定できる「MN1.0モード」を搭載。MN1.0モードでは、HDDに最大約284時間、DVD-RAMには最大約8時間の録画が可能なほか、最大約32倍速の高速ダビングが行える。
《高柳政弘》

特集

page top