ソニー、有効510万画素CCDと2.5インチ液晶搭載の小型デジカメ「サイバーショット」など5機種 | RBB TODAY

ソニー、有効510万画素CCDと2.5インチ液晶搭載の小型デジカメ「サイバーショット」など5機種

IT・デジタル レコーダー

ソニー、有効510万画素CCDと2.5インチ液晶搭載の小型デジカメ「サイバーショット」など5機種
  • ソニー、有効510万画素CCDと2.5インチ液晶搭載の小型デジカメ「サイバーショット」など5機種
  • ソニー、有効510万画素CCDと2.5インチ液晶搭載の小型デジカメ「サイバーショット」など5機種
  • ソニー、有効510万画素CCDと2.5インチ液晶搭載の小型デジカメ「サイバーショット」など5機種
  • ソニー、有効510万画素CCDと2.5インチ液晶搭載の小型デジカメ「サイバーショット」など5機種
  • ソニー、有効510万画素CCDと2.5インチ液晶搭載の小型デジカメ「サイバーショット」など5機種
 ソニーは、有効510万画素のコンパクトデジタルカメラ「サイバーショット DSC-T11」「同 P100」「同 W1」、有効410万画素の「同 P73」「同 P43」、計5機種を4月29日から順次発売する。全モデルに同社独自の画像処理システム「リアル・イメージング・プロセッサー」を採用し、忠実な色再現とノイズの少ない高画質を追求した。また、起動時間や撮影間隔、シャッターラグなどを高速化するともに、省電力化を図っているのが特徴だ。カメラとプリンタを直接接続して印刷できる規格「PictBridge」もサポート。価格はいずれもオープンプライス。

 T11は、有効510万画素1/2.4インチCCD、カールツァイスの光学3倍「バリオ・テッサー」レンズを搭載するモデル。開放F値はF3.5〜F4.4、焦点距離は35mm判換算で38〜114mm、シャッタースピードが1/1000〜1/8秒となる。電源起動時間は約1.3秒。2.5インチの大型液晶ディスプレイには、透過型LCDと反射型LCDを組み合わせた半透過型(ハイブリッド)LCDを採用。これにより、晴天時の日差しの強い屋外でも液晶画面が見やすくなっている。記録メディアは、メモリースティック デュオ、メモリースティックPROデュオ。本体サイズは幅102.5×高さ60×奥行き17.3mmで、重さは約161g。ボディカラーはホワイト。4月29日発売で、実売予想価格は58,000円前後。

サイバーショット DSC-T11

 P100は、リアル・イメージング・プロセッサー搭載により、起動時間約1.3秒、シャッターラグ約0.3秒、レリーズラグ0.009秒、撮影間隔約1.2秒と高速化している。さらに、リアル・イメージング・プロセッサーと、増量したインフォリチウムバッテリー「NP-FR1」を採用したことで、従来モデル(DSC-P10)比で約2倍のバッテリー持続時間を実現しているという。撮像素子は有効510万画素1/1.8インチCCD、レンズは光学3倍ズームのカールツァイス「バリオ・テッサー」。開放F値はF2.8〜F5.2、焦点距離が35mm判換算で38〜114mmとなる。シャッタースピードは1/2000〜30秒で、絞りおよびシャッタースピードはマニュアルで変更可能だ。

 記録メディアは、メモリースティック、メモリースティック デュオ、メモリースティック PRO、メモリースティックPROデュオに対応。本体サイズは、幅108.0×高さ51.5×奥行き26.6mm、重さは約147g。ボディカラーは、シルバー、ブルー、レッドの3色を用意する。4月29日発売で、実売予想価格は53,000円前後。

サイバーショット DSC-P100

 W1は、新しくスクエア(四角形)デザインを採用し、2.5インチの大型液晶ディスプレイを搭載した。電源は単3形ニッケル水素充電池×2本を同梱し、単3形アルカリ乾電池にも対応。撮像素子をはじめ、カールツァイスのバリオ・テッサーレンズ、シャッタースピード、起動時間、シャッターラグ、レリーズラグ、撮影間隔はP100と同一のスペックとなる。本体サイズは幅91.0×高さ60.0×奥行き36.3mm、重さは約189g。ボディカラーは、シルバーとブラックの2色。5月21日発売で、実売予想価格は50,000円前後。

サイバーショット DSC-W1

 P73は、有効410万画素の1/2.7インチCCD、光学3倍ズームレンズ、マニュアル撮影機能を搭載したモデルだ。開放F値はF2.8〜F5.2で、焦点距離は35mm判換算で32〜117mm。電源は単3形ニッケル水素充電池×2本を同梱し、電源の起動には約2.3秒かかる。なお、単3形アルカリ乾電池にも対応している。記録メディアは、メモリースティック、メモリースティック デュオ、メモリースティック PRO、メモリースティックPROデュオをサポート。本体サイズは幅117.2×高さ53.7×奥行き35.8mm、重さは約175g。ボディカラーはシルバーのみだ。5月14日発売で、実売予想価格は37,000円前後。

サイバーショット DSC-P73

 P43は、P73からズームレンズとマニュアル撮影機能を省略した単焦点モデルとなる。電源起動時間は沈胴式のP73より速く、約0.9秒。本体サイズは幅101.2×高さ53.7×奥行き35.6mm、重さは約134g。ボディカラーはシルバー。5月28日発売で、実売予想価格は30,000円前後の見込み。

サイバーショット DSC-P43
《高柳政弘》

特集

page top