シマンテック、ソフトウェアの脆弱性に関する情報をXML形式で配信 | RBB TODAY

シマンテック、ソフトウェアの脆弱性に関する情報をXML形式で配信

エンタープライズ その他

 シマンテックは、ソフトウェアの脆弱性に関する情報を提供する「Symantec DeepSight Alert Services 6.0」を5月10日より開始する。

 これまでのメールやPDFに加えて、6.0ではあらたにXML形式による配信も提供される。これにより、配信された情報が既存のシステムで利用できるようになる。

 なお、Symantec DeepSight Alert Servicesは、同社が入手したソフトウェアの脆弱性や悪意のあるコードの情報をユーザに早期警告するサービス。現在、2,200社が所有する18,000種類のソフトウェアを対象に脆弱性を監視し、情報を提供している。
《安達崇徳》

特集

page top