KDDIとカリエント、WDMと光クロスコネクトをGMPLSで連携させて高信頼化 | RBB TODAY

KDDIとカリエント、WDMと光クロスコネクトをGMPLSで連携させて高信頼化

 KDDIとKDDI研究所は、カリエントネットワークスと共同で、高信頼光IPネットワークの実証実験に成功したと発表した。WDM装置と光クロスコネクト装置を連携させるため、GMPLSをこれらの装置に実装した。

ブロードバンド その他
 KDDIとKDDI研究所は、カリエントネットワークスと共同で、高信頼光IPネットワークの実証実験に成功したと発表した。

 実験では、WDM伝送装置と光クロスコネクト装置を連携させるため、GMPLSのうち「LMP-WDMプロトコル」をこれらの装置に実装したものを使用。WDM装置の故障やファイバの断線といった障害内容を光クロスコネクトに通知できるようになり、光クロスコネクト装置が自動で障害復旧を行ったりできるようになる。

 LMP-WDMは、「Link Management Protocol - Wavelength Division Multiplexing」の略で、GMPLSプロトコルの一つ。
《伊藤雅俊》

特集

page top