LinuxとJava J2ME CDCを搭載した車載情報端末……クラリオン | RBB TODAY

LinuxとJava J2ME CDCを搭載した車載情報端末……クラリオン

 クラリオンは、業務用としては世界初となる、Java「J2ME CDC」を搭載した業務車両用情報端末を開発したと発表した。この商品化第一弾として、国内路線バス用に音声合成放送などの機能を持たせた、車載情報端末ネットワーキングガイドシステムを3月から発売する。

ブロードバンド その他
 クラリオンは、業務用としては世界初となる、Java「J2ME CDC」を搭載した業務車両用情報端末を開発したと発表した。この商品化第一弾として、国内路線バス用に音声合成放送などの機能を持たせた、車載情報端末ネットワーキングガイドシステムを3月から発売する。

 今回開発した業務車両用の情報端末にはOSに汎用性の高いLinux(リナックス)を使い、さらにJava(ジャバ)の中でもテレマティクスやナビゲーションに適したJ2ME CDCを採用した。業務車両は長期にわたって運用されることが多く、搭載する機器で動作するアプリケーションに、この間の互換性、信頼性、保守性が求められるためだ。

 ネットワーキングガイドシステムは、従来の音声合成放送装置にパケット通信インターフェイス機能を搭載、複数の機器で構成する必要があった路線バス用の端末を1台に集約できるのが特長だ。

 GPSによる位置、運行管理、バスの現在地をリアルタイムで利用者や管理部門に伝えるバスロケーションシステムや、バスと管理センターの相互通信によるニュースなどの情報・広告の配信など、次世代の路線バスシステムへの応用も可能だ。

 なお、クラリオンでは、同システムを、サン・マイクロシステムズが18日、19日に東京、ホテルニューオータニで開催する「Java Technology Conference 2004」に、Java適用事例の展示協力として出展する予定。
《》
page top