バッファロー、A.O.S.S対応の「クライアントマネージャ2」正式版を公開 | RBB TODAY

バッファロー、A.O.S.S対応の「クライアントマネージャ2」正式版を公開

 バッファローは、A.O.S.Sに対応したユーティリティソフト「クライアントマネージャ2」の正式版(Ver.1.00)を本日公開した。

ブロードバンド その他
 バッファローは、設定いらずの無線LAN設定システムであるA.O.S.S(AirStation One-touch Secure System)に対応したユーティリティソフト「クライアントマネージャ2」の正式版(Ver.1.00)を本日公開した。

 現段階で正式版が対応するのは無線LANカード「WLI-CB-G54」一機種(※ドライバがVer.3.92以降)で、かつA.O.S.S機能が利用できるのは親機が「WHR2-G54」(※A.O.S.S対応ファームウェア導入済みである必要がある)である場合のみだが、同社では現在検証作業を進めており、確認が取れしだい他の接続機器についても対応機種に加えていくという。

 また機能面ではβ版からの追加点はないものの、Windows XP(SP1)に加えあらたにWindows 98SE/ME/2000でも利用が可能となっている。
《RBB TODAY》

特集

page top