Safari 1.2がリリース。JavaアプレットとJavaScriptの連係機能に対応 | RBB TODAY

Safari 1.2がリリース。JavaアプレットとJavaScriptの連係機能に対応

ブロードバンド その他

 アップルコンピュータは、Webブラウザの最新版「Safari 1.2」を公開した。対応OSはMac OS X 10.3で「ソフトウェア・アップデート」または同社のWebサイトからダウンロードできる。

 最新版では、JavaアプレットとJavaScriptが連係する機能「LiveConnect」に対応した。なお、LiveConnectに対応するには同時に公開された「Java 1.4.2」もインストールする必要がある。ほか個人認証機能のサポート、キーボードによる操作性の向上、中断されたダウンロードの再開機能が搭載された。
《安達崇徳》
page top