四国電力が2004年10月をめどに個人向けFTTH事業に参入 | RBB TODAY

四国電力が2004年10月をめどに個人向けFTTH事業に参入

ブロードバンド その他

 四国電力は、本年10月をめどに個人向けFTTH事業に参入すると発表した。

 事業主体となるのは同社の子会社のSTNetで、STNetは四国電力より借り受けた光ファイバを利用して、個人に対しインターネット接続サービスおよびIP電話サービスの提供を行う。

 サービス開始時のサービス提供エリアは四国4県の各県庁所在地で、高松市については市内のほぼ全域を、残る松山市・徳島市・高知市については市内中心部(市内全世帯の約半数)をカバーする予定。

 なおサービスプランや料金設定等の詳細は現段階では未定となっているが、料金については「NTT西日本など他社の設定をふまえて決定する」(広報担当者)とのこと。

 またSTNetでは、今回の個人向けFTTH事業参入にあわせて既存の法人向け光ファイバサービスについても強化を図る。
《RBB TODAY》

特集

page top