依然としてBugbearとKlezの感染が多い結果に。シマンテックの11月分のウイルス被害ランキング | RBB TODAY

依然としてBugbearとKlezの感染が多い結果に。シマンテックの11月分のウイルス被害ランキング

エンタープライズ その他

 シマンテックは、2003年11月分の「ウイルス被害ランキング」と「不正アクセスランキング」を発表した。

 ウイルス被害ランキングによると、依然としてBugbearと亜種が感染を広げるいる様子が伺える。しかしその一方で、WorldWideにおける10月のランキングではランク外だったMimailだが、11月分では6位になっている。また、日本国内とWorldWideのランキングを比較すると、日本では2位にKlezがランクインしているものの、WorldWideではランク外になっているのは興味深い点だ。

 なお、不正アクセスランキングでは、Generic WebDAV/Source Disclosure "Translate:f" HTTP Header Request Attacksが1位になっている。

月間ウイルス被害ランキング(2003年11月:国内)

順位 ウィルス名 件数
1
W32.Bugbear
222
2
W32.Klez
155
3
Trojan Horse
152
4
HTML.Redlof.A
140
5
IRC Trojan
93
6
W32.Swen.A@mm
82
7
W95.Hybris.Worm
52
8
W32.Welchia.Worm
52
9
Downloader.Trojan
34
10
Downloader.Dluca.B
32



月間ウイルス被害ランキング(2003年11月:World Wide)

順位 ウィルス名 件数
1
W32.Bugbear
9,678
2
Trojan Horse
9,604
3
IRC Trojan
3,788
4
Downloader.Trojan
3,778
5
W32.Blaster.Worm
3,688
6
W32.Mimail
3,520
7
HTML.Redlof.A
3,361
8
Download.Trojan
2,997
9
W32.Swen.A@mm
2,675
10
Downloader.MSCache
2,372
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top