So-net、アッカ回線を採用した下り40Mbps・上り3MbpsのADSLサービスを発表 | RBB TODAY

So-net、アッカ回線を採用した下り40Mbps・上り3MbpsのADSLサービスを発表

ブロードバンド その他

 ソニーコミュニケーションネットワーク(So-net)は、アッカ・ネットワークスのクアッドスペクトラムADSLを採用した「So-net ADSL 40M」コースを新設、2003年1月下旬よりサービスを開始すると発表した。

 「So-net ADSL 40M」コースは、通信速度が下り最大40Mbps・上り最大3Mbpsの接続サービス。当初は40Mbps/1Mbpsで提供され、04年3月のファームウェアバージョンアップで上りが3Mbpsに増速される予定。IP電話サービス「So-netフォン」がセットで提供されるほか、PHS定額制データ通信サービス「bitWarpパック」の対応も予定されている。
 月額基本料は未定だが、現在「So-net ADSL 26M」を利用しているユーザは無料で「So-net ADSL 40M」にアップグレード可能だ。

 また、So-netのフレッツ・ADSL向けコース「フレッツ・ADSL」「フレッツ・ADSLライト」の2コースについて、NTT東日本のクアッドスペクトラムADSL「フレッツ・ADSLモアII」(下り最大40Mbps程度)に現行料金のまま対応するという。
《伊藤雅俊》

編集部のおすすめ記事

特集

page top