著作権処理が施された映像コンテンツを図書館に配信するサービス | RBB TODAY

著作権処理が施された映像コンテンツを図書館に配信するサービス

ブロードバンド その他

 日立製作所、日本図書館協会、ギャガ・クロスメディア・マーケティングの3者は、図書館向けの映像配信サービス「ELIB」を2004年4月から開始する。

 図書館にはLD、VHS、DVDなどの形で膨大な映像資料が収蔵されている。そのためメディアごとに館内視聴設備を用意する必要があるうえに、コンテンツごとに館内上映や館外貸し出しの禁止など著作権上の制約が異なるなど管理がバラバラだった。

 ELIBでは、すべてのコンテンツをMPEG2で統一させることでメディアの違いを吸収している。さらに、さまざまな目的に利用できるように事前に著作権保護の処理が施される。そのため配信されたコンテンツは、館内サーバへのキャッシュ、視聴覚ライブラリでの視聴、館内上映、貸し出し用DVDへのコピーなどが可能になる。

 コンテンツは、旧名作映画、アニメ、ドキュメンタリー、趣味・教養など開始当初は約300タイトルが用意され、毎月40タイトル程度を追加する予定だという。

 なお同サービスは、11月4日から6日まで東京国際フォーラムで開催される「第5回図書館総合展」に出展される。
《安達崇徳》

特集

page top