給油中に無線LANで地図検索それともメール受信? ENEOSがFREESPOTを採用 | RBB TODAY

給油中に無線LANで地図検索それともメール受信? ENEOSがFREESPOTを採用

ブロードバンド その他

給油中に無線LANで地図検索それともメール受信? ENEOSがFREESPOTを採用
  • 給油中に無線LANで地図検索それともメール受信? ENEOSがFREESPOTを採用
  • 給油中に無線LANで地図検索それともメール受信? ENEOSがFREESPOTを採用
 新日本石油は、本日より公衆無線LANサービスをENEOSのガソリンスタンド3店舗に導入する。新日本石油の無線スポット導入は、高付加価値型サービスステーション構築の一環で、PCやPDAを持ち込むことで、無線LANが利用できるようになる。また、FREESPOT方式での接続であるため、ごく普通のインターネット接続ができる点がもっとも大きい特徴だ。ウェブサイト経由で訪問先の地図を表示したり、メールを受信したりということが手軽にできる。特に、VPNによる社内サーバへのアクセスなども実現できるため、ビジネスのシーンでの利用も十分にできる。

 なお、モバイルスポットサービスの提供エリアは、各店舗にあるサービスステーションの休憩コーナー・レストランとなる。給油中やオイル交換・洗車などの作業時間中をこれからはより有意義に使えるようになるため、今後のガソリンスタンドの利用シーンにも一石を投じる可能性もありそうだ。なお、モバイルスポットサービスのインフラは、ODNのADSL 12Mbpsサービスを利用している。

トライアル対応店舗(春日部)。FreeSpotの看板がよく目立つ


 本日からのトライアル開始に伴い、トライアルサービスを導入した3店舗は期間を定めて利用キャンペーンを実施する。キャンペーン期間中に無線LAN機能を持つモバイルPCを持参し、給油もしくは併設のコーヒーショップを利用することで好みの楽曲をPCにダウンロードできる。まさに、無線LANという太い帯域を利用したキャンペーンサービスといえそうだ。

カフェの中でも看板が。キャンペーン中に給油するならPCもいっしょに


 トライアル導入店舗は千葉、埼玉、東京の3店舗。千葉県千葉市中央区のサンパル貝塚インタ−SS、埼玉県春日部市のサンパル春日部SS、東京都国立市のサンパル国立SS。それぞれの店舗でのキャンペーン期間は、サンバル国立SSが10月9,10日、サンパル貝塚インターSSとサンパル春日部SSが10月10日〜17日となっている。
《公家幸洋》

編集部のおすすめ記事

特集

page top