So-net、東電回線利用のTEPCOホームコースを10月より値下げ | RBB TODAY

So-net、東電回線利用のTEPCOホームコースを10月より値下げ

ブロードバンド その他

 ソニーコミュニケーションネットワーク(So-net)は、10月1日より、東京電力のアクセスラインを利用したFTTHサービス「So-net 光(TEPCO)ホーム」コースの月額利用料を500円引き下げ、5,700円とする。

 またPHSデータ通信とのセットパッケージである「bitWarpパック」についても値下げを行い、32kbps通信とのセットで9,500円(旧10,000円)、128kbps通信とのセットで12,200円(旧12,700円)に改定する。

 「So-net 光 (TEPCO) SOHO」コースについては料金の変更はなく、月額13,000円での提供となる。

 なお同社ではSo-net 光(TEPCO)ホームコースへの加入者を対象に、初期費用・出張設定サービス料無料/85コンテンツ3か月無料/ブロードバンドAVルータ「HN-RT1」割引提供の各キャンペーンを10月末(ルータ割引のみ11月末)まで実施している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top