海賊ソフトのオークションにも警告文を送付。ACCSがあらたな対策に乗り出す | RBB TODAY

海賊ソフトのオークションにも警告文を送付。ACCSがあらたな対策に乗り出す

ブロードバンド その他

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、7月末よりオークションにおける海賊ソフトの出品者に対し警告文の送付を開始した。

 ネットオークションを用いた海賊ソフトの販売は、ACCSが把握しているだけでも今年に入ってから9件が摘発されているという。これは、2002年の2件と比べて大幅に増加している。そのためACCSは、ヤフー! オークションの出品者を対象に、Q&Aのコーナーにて注意を促す活動を開始したという。
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top