今年中にG-BOOK対応を50車種に拡大。トヨタ、テレマティクスサービスを本格展開へ | RBB TODAY

今年中にG-BOOK対応を50車種に拡大。トヨタ、テレマティクスサービスを本格展開へ

ブロードバンド その他

 トヨタ自動車は、今年中にテレマティクスサービス「G-BOOK」の対応車種を50に増やす。これまでG-BOOKに対応していた自動車は2002年10月に発売した「WiLLサイファ」のみだったため、これにより本格的な展開に踏み切ったといえるだろう。

 具体的には、オプションとして提供されるトヨタ純正カーナビにG-BOOKを標準搭載することで対応車種を増やすのだ。このカーナビは、メーカー装着の「DVDナビ」、販売店装着の「ハードディスクナビ」、サイファと同様のカーナビの3種類が用意される。

 また、これまでのアクセスラインは内蔵の通信モジュールを用いた接続だけだったが、あらたにハンズフリーキットを使った携帯電話での接続も可能になる。さらに、DVDナビについては、Bluetoothモジュールが内蔵されており、今後発売が予定されているというBluetooth携帯電話と接続することでハンズフリー通話が利用できる。

 利用料金は、内蔵モジュールを利用した場合は月額1,380円(通信料金を含み定額)、携帯電話を利用した場合は月額450円(通信料金は別途必要)になる。ほか、半年と1年払いのコースも用意されている。

 あわせてG-BOOKにドアのこじ開けなどを通報する「マイカーアラート」、オペレータを経由した飛行機やレストランなどの予約代行「G-BOOKプレミアムコール」、携帯電話向けのコンテンツが楽しめる「Gケータイサイト検索」の3つのサービスが追加される。いずれも、8月より開始され、基本料金のほか別途利用料金が必要だ。
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top