ブロードバンド大国ニッポン。Broadband CDN Powered by Akamaiに隠された日本ならではのアプローチ(後編) | RBB TODAY

ブロードバンド大国ニッポン。Broadband CDN Powered by Akamaiに隠された日本ならではのアプローチ(後編)

ブロードバンド その他

 アカマイのこれまでのモデルにはエンドユーザに近いPOIにキャッシュサーバを配置するケースはない。したがって、日本のみならず世界でも初の試みだ。そして、これこそがブロードバンド大国ニッポンを配慮した構成となっている。今後、ラストワンマイルが日本のように超高速ネットワークと変わっていくのであれば、こうした構成は全世界的に広まっていくだろう。

 もうひとつ、アカマイはこれまでISPにラックを割り当ててもらい、自らの機器をISP上に配置する形でネットワークを構築してきた。エンドユーザに快適なネットワークコンテンツを提供することをウェブサービス提供者に約束することで、ウェブサービス提供者より料金を徴収する、世界レベルでの付加分散ビジネスがそのベースとなる。

 ISPにとっても、ラックを提供してアカマイのサーバをそこに配置することで、そのISPの会員は快適なコンテンツを利用できるようになる。また、アカマイサーバのキャッシュ機能により、ISPはバックボーンへの投資コストも落とせる。ところが、NTTコムのBroadband CDN powerd by Akamaiの場合は、アカマイのサーバをNTTコムのコストで導入し、サーバのロケーションコストもNTTコムが負担する。つまり、アカマイの技術を使ってNTTコムがCDN網を作り上げたという捉え方の方が正しいといえる。こうしたビジネスはアカマイにとっては初めてではないが、なかなか表面に出てこないビジネスモデルである。

 このメリットは、NTTコムにしてみれば、アカマイのキャッシュテクノロジを利用することで、増大するバックボーンコストを抑えながらウェブサービスが提供できるという側面がある。しかし、それよりももっと重要なポイントがある。それは、NTTコムのネットワーク上にホスティングしている顧客にとっては、付加分散のためのサーバやサーバ管理者、さらには新たなラックを契約するコストといったものをBroadband CDN powerd by Akamaiに振り替えることで、サーバの数や管理者を増やさずに同じような効果を得られることだ。

 また、POI部分のキャッシュサーバはBroadband CDN powerd by Akamaiならではの部分だが、Broadband CDN powerd by Akamaiは、NTTコム網のPOIのキャッシュサーバを含んだ日本全国、さらには全世界のキャッシュサービスである。実は、ここがNTTコムにとってのキーワードでもある。

 今後、e-japan構想に伴い、政府や自治体がどんどんネットワークサービスに力を入れてくることが見込まれる。NTTコムはこの分野のビジネスを得意としており、さらにBroadband CDN powerd by Akamaiを導入することで、全国ほとんどのISPに対して、レスポンスのいいウェブコンテンツサービスを提供できるようになる。これも、NTTコムを動かせた大きな理由なのかもしれない。

 POI部分にまで入り込んだキャッシュサーバ技術。本当に効果があるのかどうかはこれから答えが出る。ただ、急速に拡大している日本のブロードバンド環境と重ね合わせると、POIへキャッシュサーバを配置するということは実に効果のありそうな解決方法である。

 さらには今後、アカマイはキャッシュサーバ上で簡単なアプリケーションすら提供してしまうというサービスを予定している。本当に簡単なCGIを動かす程度であるならば、本物のサーバへわざわざアクセスさせることなく、キャッシュサーバ上ですべてを完結できる。こうしたサービスが本格的に導入されたら、トラフィックの最大ピークを考えると、アカマイは今以上のサーバを全世界に配置しなければいけなくなるかもしれない。その布石としても、POIへのキャッシュサーバを配置するということは実に理にかなっているともいえよう。

 今、国内で急拡大しているブロードバンド。Broadband CDN powerd by Akamaiのお手本が全世界に飛び火するのか。結果が気になる。(前編に戻る
《公家幸洋》

特集

page top